My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク

溶岩浴の効果:リンパの流れが悪くなる原因

溶岩浴の効果のひとつに、多量の汗をかいて代謝機能を促進するというものがあります。

溶岩浴で代謝機能を促進するということは、
リンパ機能を向上させるということにつながります。

溶岩浴の他にリンパ機能の働きを高める方法として、
日常的な軽い運動などのほかに、リンパマッサージをする方法があります。
溶岩浴の時に、リンパマッサージも取り入れるとよりいっそう効果が高まります。

リンパの流れが悪くなると、体内に余分な水が溜まって、
むくみやセルライト、ボディラインのくずれにつながります。
また、老廃物や細菌、毒素が体内に溜まることによって、いろいろな体の不調の原因になります。
リンパの流れが悪くなる原因はいくつかありますが、次の原因が挙げられます。

続きを読む "溶岩浴の効果:リンパの流れが悪くなる原因" »

溶岩浴の効果:リンパマッサージをしよう

溶岩浴の効果のひとつに多量の汗をかいて代謝機能を促進し、
リンパ機能を向上させるというものがあります。

溶岩浴の他にリンパ機能の働きを高める方法として、
日常的な軽い運動などのほかに、リンパマッサージをする方法があります。

溶岩浴の時に、リンパマッサージも取り入れるとよりいっそう効果が高まります。
リンパマッサージは、
もともとは身体を思うように動かせずにリンパの流れが悪くなった入院患者に対して、
免疫・排泄機能を高めるために行っている医療行為の手技なのです。

続きを読む "溶岩浴の効果:リンパマッサージをしよう" »

溶岩浴の効果:リンパとは

溶岩浴はじっくり汗をかくことで、いろいろな効果を発揮します。

溶岩浴の効果のひとつにリンパの流れをよくするというものがあります。
ここではリンパとは体にどのような効果があるのか説明します。

全身を網の目のように張り巡らされている、
リンパ管とその中を流れるリンパ液は、
ちょうど同じ形態を持つ血管と血液を助けるような大切な働きをしています。
リンパ管の中をゆっくり流れるリンパ液は、血管の静脈で運びきれない皮膚や血液のかけら、
脂肪、内臓の老廃物などを回収し、血液と合流して尿や汗として体外へ排出する手助けをしているのです。

続きを読む "溶岩浴の効果:リンパとは" »

溶岩浴の効果:免疫力と毛細血管の関係

溶岩浴は、さらさらの汗がでてくる事で効果が発揮されます。

溶岩浴の効果のひとつに免疫力を高めるというものがあります。

溶岩浴免疫力を高めると、どのような効果が期待できるのか説明します。

免疫力とは、病気などから体を守る抵抗力のことです。
免疫力のシステムが正常に機能していると、細菌やウイルスなどが体内に侵入しても、
速やかに退治して病気にならないような仕組みになっています。

ところが、免疫力が低下していると、病気にかかりやすいだけでなく、
薬を飲んでもなかなか治らずいつまでもその症状が長引いてしまうのです。

続きを読む "溶岩浴の効果:免疫力と毛細血管の関係" »

溶岩浴の効果:子供と汗

溶岩浴は、子供の健康のためにも効果があるといわれています。

溶岩浴で多量のさらさらの汗をかくことは、大人も子供も大変効果のある健康法なのです。

溶岩浴の効果のひとつに基礎代謝を高めるというものがあります。
エアコンが普及してなかった頃の子供達は、外で元気に遊びまわって、
汗もたっぷりかいて自然と代謝が高まっていたのです。

続きを読む "溶岩浴の効果:子供と汗" »

溶岩浴の効果:ストレスからくる病気

溶岩浴は遠赤外線放射とマイナスイオン発生で、
体内の新陳代謝を活発にし、リラックス効果を高めるカがあります。

溶岩浴はストレス社会の多忙な現代人のために、手軽なストレス解消、緊張緩和の効果があります。

ストレスがたまると体調を崩したり、思わぬ病気になりやすくなります。
ストレスなどの刺激を受けて、体に現れる病気のことを「心身症」といいます。
心身症に含まれる病気は実にさまざまです。
代表的な病気をご紹介します。

続きを読む "溶岩浴の効果:ストレスからくる病気" »

溶岩浴の効果:ストレスとホメオスタシス

溶岩浴は遠赤外線放射とマイナスイオン発生で,
体内の新陳代謝を活発にし、リラックス効果を高めるカがあります。

溶岩浴ストレス社会の多忙な現代人のために、手軽なストレス解消、緊張緩和の効果があります。
ストレスがたまると体調を崩したり、思わぬ病気になりやすくなります。

私たちの体には、独自のネットワークもった以下の3つのシステムが存在しています。

続きを読む "溶岩浴の効果:ストレスとホメオスタシス" »

溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい

溶岩浴の効果を高めるためにシャワーは浴びないほうがいいといわれています。
溶岩浴後は多量の汗をかくため、シャワーが必要だと思いがちですが、
実はシャワーは浴びない方が効果的なのです。

なぜ、溶岩浴後のシャワーは浴びない方がいいのか解説します。
汗は、大きく分けて2種類のタイプがあると言われています。
ひとつが「エクリン腺」という汗腺から出る汗です。
エクリン腺はほぼ全身にあり、そこからでる汗の主成分は、99%以上が水です。

もうひとつは「アポクリン腺」といって脇の下などにある汗腺からでる汗で、
水以外にもたんぱく質や脂質などを含んでいるので、体臭の原因になることもあります。
エクリン腺は爪の下や唇以外の、体のほとんどの部分に分布しています。
皮膚の表面から1〜3ミリの所、真皮層から皮下組織の上部にかけて存在していて、かなり小さく肉眼ではほとんどみえません。

しかし、すべてのエクリン腺が汗を出すわけではなく、実際に活動しているのは半分程度です。
この活動しているエクリン腺の量が、汗の量を左右し、体温調節のために働いています。
エクリン腺の汗には、水のほか、ごく少量のナトリウムや塩素、カリウム、カルシウム、重炭酸イオン、尿素、アンモニアなどが含まれています。

エクリン腺の汗は、体温が上昇したときに血液からミネラル分と水分が汗腺に取りこまれ、
皮膚表面からでる仕組みになっています。
通常であれば、ミネラル分は再び血液に吸収され、水分だけが出てきますので、ベタつきやニオイはありません。

溶岩浴は、遠赤外線の効果により体内から温められるので、じっくりと汗をかきます。
その汗は汗腺が十分機能しているため、99%の水分で、とてもサラサラしています。
ですから、入浴後シャワーを浴びなくても、不快感はありません。
従来のサウナは、急激な温めにより汗腺の機能が追いつかず、水分以外のミネラルが含まれるので、
非常にネバネバした汗になるわけです。

【PR】 相互リンク集

溶岩浴の効果が高まる入浴法

溶岩浴は適当に入浴しても効果があがりません。
効果の高まる溶岩浴の入浴法を説明します。

まず作務衣に着替えます。
入浴前にたっぷり水分をとります。
溶岩の上にバスタオルを敷いて横になります。
うつぶせで5分、仰向けになり10分、5分〜10分クールダウン。
これを1クールとし、2〜3クール繰り返します。

仰向けの後はうつぶせになるなど、交互に体位を変えると効果的です。
できるだけゆったりとした呼吸で、リラックスした気分になると、
自律神経の温熱効果がより高まります。

気をつけなければならないのは、充分な水分補給です。短い時間で大量の発汗を促すので、
入浴前と休憩中、入浴後には必ずミネラルウォーターを飲んでください。
トータルで500ミリリットル〜800ミリリットルは必要です。
一気に飲むのではなく、こまめな水分補給をしましょう。

入浴後のシャワーは避けたほうがより効果的です。
溶岩浴によって排出される汗はさらさらで水に近い汗になっています。
この汗が皮膚の保湿性を保ち、また排出された新しい皮脂が健康な皮脂膜を作り、
皮膚の潤いを保ってくれるのです。
入浴後はタオルで体をふくだけにしておくのがおすすめです。

【PR】 資格試験

溶岩浴の効果:デトックス効果とは?

溶岩浴効果にはさまざまなものがあります。

溶岩浴の効果のひとつにデトックス(毒素排出)作用があります。
ここではデトックスの効果について解説します。

デトックスとは、日本語で「解毒」という意味であり、
体内の有害毒素を排出することで体内浄化を行い、健康増進を行うという考え方です。

これまでの健康法では、身体の不調が何かの栄養素が足りないという考えに基づくものが中心でした、
しかし、身体に有害なものがどうしてもたまってしまう現代では、
有害毒素(有害金属)を体外に排出することも健康維持増進にとって不可欠なものとなってきています。

溶岩浴は、温められた岩盤ベッドに寝ることによって、
体が温められ、皮脂腺・汗腺・皮膚に残っている毒素や老廃物が大量の汗とともに、体外に排出されます。
毒素が溜まると、倦怠感、肌荒れ、むくみや冷え性、便秘、肩こりなど、
様々な不調が現れ、いずれは根本的な健康を害してしまう可能性があります。

また重金属は皮脂となじみやすいという性質があり、皮脂腺からも多く排出されていきます。
身体の中に蓄積される有害物質や老廃物の中でも、環境汚染物質や食品添加物、薬品に含まれる化学物質は、
有害金属、または有害ミネラルと呼ばれています。

有害毒素の代表である、有害金属は、身近なところから身体の中に入って溜まっていきます。
常に健康な状態を保っていれば、これらの排出機能も正常に働きますが、
何かとストレスの多い現代社会では、なかなかそうもいきません。

そこで必要になるのが、デトックス(毒素排出)なのです。
溶岩浴などで汗をたっぷりかいて、定期的にデトックスすることが必要ですね。

【PR】 ガソリン代節約

溶岩浴の効果:マイナスイオンとは

溶岩浴の効果にはさまざまなものがあります。

溶岩浴の効果のひとつに、健康に良いマイナスイオンを発生する作用があります。
ここでは健康に良いといわれるマイナスイオンの解説をしてみたいと思います。

マイナスイオンとは、滝・海岸・森林等、空気の汚れが少ない場所で、
空気分子・水分子が紫外線や太陽風と反応して、生成すると考えられています。

溶岩浴によって発生したマイナスイオンは、酸化物質を中和し、アルカリ性に傾けますので、
マイナスイオンを取り入れることで、酸化した細胞間質液を弱アルカリ性に導くことができます。
それにより、細胞内に酸素と栄養成分を十分に吸収でき、各細胞の機能が活発となるため、
自身に持っている自然治癒力が高まります。

たとえば緑の多い草原や、空気のいい高原などで療養すると、病気が治るとよく言われますが、
まさに昔から伝わるこの「転地療法」は、マイナスイオンの有効利用そのものなのです。

一方、大気中にたくさんのマイナスイオンがあれば、プラスイオンは中和されて少なくなります。
マイナスイオンが強くなると、生体組織を構成する細胞の活性が高まり、
膜を隔てての物質の輸送や交換の新陳代謝が活発になり、身体の生命力が強くなります。

溶岩浴の時に発生するマイナスイオンはリラックス効果、ストレス緩和、血行促進、集中力アップ、
新陳代謝促進、疲労回復などの効果があると言われています。
マイナスイオンは鉄を活性化させ、酸素との結合力を強くする働きがあります。
赤血球と酸素を結び付けることにより、身体中の組織により多くの酸素を運び、身体の酸欠状態を解消するのです。

皮脂の酸化も予防することにより、皮脂腺のつまりが改善。
新しい皮脂がどんどん皮膚面に放出されるようになります。
また、溶岩浴によって発生したマイナスイオンの界面活性作用により、水の粒子を細かくするため、
遠赤外線効果とダブルで血液や汗を細かくし、さらにさらさらにしてくれるのです。

【PR】 岩盤浴グッズ

溶岩浴の効果:天然のクリームでお肌すべすべに

溶岩浴をするとさらさらの汗が大量に出ます。
そのさらさらの汗は入浴後シャワーで流す必要はありません。
溶岩浴でかくさらさら汗には、保湿クリームの作用があるからです。

それは、汗腺から水分の多い汗、皮脂腺から脂分の多い汗が出ることで、
これらが混ざり合って(乳化作用)、天然のクリームが出来上がるからです。
その天然クリームの作用で、お肌の弾力性を高めしっとりすべすべになり、
肌荒れ・アトピー・ニキビ肌・シミなどお肌の改善に効果があります。

溶岩浴でかいた汗はベタベタしていませし、汗くさくもありません。
溶岩浴でかいたよい汗が、皮膚の保湿性を保ちます。

また、皮脂腺から新しい皮脂が出ていますので、皮膚の潤いを保ってくれています。
この天然のクリームをシャワーで洗い流すことは、とてももったいないことです。

シャワーで洗い流さないと、排出された有害金属が肌に悪いのではないかとも思われますが、
有害金属は体内で酵素や脂肪と結合することによって悪影響を及ぼすのであり、
皮膚の表面上ではほとんど悪影響はありません。
それよりも肌にとっては、さらさらの汗と酸化されていない新鮮な皮脂による、
天然の良質な保湿剤の効果の方が大きいのです。

しかし、あまりに大量の汗をそのままにしておくと冷えてしまうので、
その場合は軽く拭き取る程度にとどめ、あとは自然乾燥するのが理想な溶岩浴と言えます。

【PR】 資格試験リンク集

溶岩浴の効果:さらさら汗とさらさら血液

岩盤浴溶岩浴の汗は、水分に近い「さらさら汗」のため、たくさんの汗をかいても、不快感はほとんどありません。
あとでシャワーで洗い流す必要はまったくありません。
むしろ、お肌のためには保湿効果もあるので、洗い流さないほうが良いです。

室温40℃前後、湿度60%程度の室内にて、温めた溶岩の上に寝転がるだけで、さらさらでしかも多量の汗が出てきます。
汗はほとんどが水で出来ています。
また血液もほとんどが水で出来ています。

しかし「水」には表面張力という性質があるため、放っておくと大きな粒になりたがるのです。
血液で言えば、流れの悪いドロドロ血液と言ったところでしょう。

ところが、岩盤浴や溶岩浴にある、マイナスイオンと遠赤外線の作用は、水の粒を小さくする効能があるのです。
そして、マイナスイオンの「界面活性作用」と、遠赤外線の「共鳴振動」という作用があるため、
水の粒を小さくし、それを揺すって大粒になるのを防いでいるのです。
この両方の作用が一度に起こるため、水も一瞬にして小粒になり「さらさら汗」「さらさら血液」となります。

さらさら汗」のいい所は、蒸発しやすく、体温の上昇に対して最小限の発汗で対応できます。
そのためムダのない効率のいい汗となり、血漿のマグネシウムや、ミネラルなどが流れ出るのを防ぐ事ができると言われています。

「さらさら血液」のいい所は、流れやすくなるので、末梢の微小血管まで酸素を運ぶ事が出来き、
当然酸素量が多くなることで新陳代謝が活発になるのを助け、さらに発汗機能を促進へと繋がるのです。

遠赤外線以外に、マイナスイオンを放出するため、相乗効果により、「よりさらさらな汗」が出てくるのです。
内部から温まり、汗をかくことによって、代謝も良くなり血液や体内に蓄積されている老廃物が体外へ排出されます。

また、岩盤浴や溶岩浴は、多量の汗を出すのでダイエットにも効果的です。
岩盤浴や溶岩浴は、運動やサウナの様に苦しくないため、無理なく継続することができます。

【PR】 自動登録リンク集

溶岩浴の効果:遠赤外線とは

溶岩浴の効果のひとつに遠赤外線で新陳代謝を高めるというものがあります。

溶岩浴効果のひとつでもある遠赤外線とは、目に見えない電磁波の一種で、
電磁波には放射線や紫外線、電子レンジや携帯電話などに使われる危険な電磁波と、
可視光線(太陽からでる目に見える光)や赤外線などの安全な電磁波があります。

遠赤外線は3〜1000ミクロンの波長のことをいい、人間にとって、有効な波長です。
太陽によって、遠赤外線が地球に降り注がなければ、人や生命は生きていけないのです。
太陽の光で体がぽかぽか温まるのは、遠赤外線のおかげなのです。

人間の身体は遠赤外線をよく吸収する性質を持っており、
身体に照射された遠赤外線を吸収することにより、
体内温度を上昇させて血液の循環をよくし、代謝を活発にするといわれています。

遠赤外線は熱ではなく電波の一種で、有機物に吸収されやすく、
吸収されると熱に変わる性質を持っています。
熱は物質を表面から暖めるのに対し、
遠赤外線は内側から暖めるという違いがあるため、調理器具などにも使われています。

遠赤外線は、相手の組織を壊さずに作用するという特長があり、直接対象物を暖める近赤外線や紫外線は、
長時間当たると日焼けや熱射病になりますが、遠赤外線は、クリーンで安全なエネルギーであると言われています。
ですから、遠赤外線は、溶岩浴で効果を得るためには、必要不可欠なものなのです。

【PR】 相互リンク集

溶岩浴・岩盤浴とドライサウナの違いとは?

溶岩浴岩盤浴とは、室温・床温40度前後、湿度70%前後に抑えた、
体に負担のかかりにくい低温サウナのことです。

溶岩浴・岩盤浴は、低温サウナのため、長時間入浴することが可能で、疲れを感じることがありません。
従来のドライタイプのサウナと違い、息苦しさやのぼせるといったことがありません。

従来のドライサウナは、だいたいが100度前後の室温で、
健康な人にとっては交感神経を刺激し、眠気を吹き飛ばし、気分を高揚させる力があります。

しかし、ドライサウナは室温が高いため金属製の装身具をつけていると、熱くなって大変危険です。
また、急激な温度変化により、体に悪影響を及ぼす可能性が高く、急激な血圧の上昇や心拍数の増加のため、
高齢者や心・循環器系疾患を持っている人には、多くの危険もはらんでいますので、注意が必要です。

しかし溶岩浴・岩盤浴は従来のドライサウナに比べて低温なので、
「暖かく」はあっても「熱く」はありません。

そのため急激に血圧があがったり心臓に負担をかける事はないので、体に優しいサウナといえます。
そして、なんと言っても溶岩浴・岩盤浴でかいた汗は、ドライサウナでかく汗と違いサラサラで、シャワーを浴びなくても、
そのまま洋服が着れます。

【PR】 初級シスアド

「溶岩浴の効果」のコメントについて

「溶岩浴の効果」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「溶岩浴の効果」情報をお願いします。

「溶岩浴の効果」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「溶岩浴の効果」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「溶岩浴の効果」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「溶岩浴の効果」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「溶岩浴@info〜溶岩浴情報サイト〜」に関連するサイトでしたらOKです。