My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
溶岩浴@info〜溶岩浴情報サイト〜 > 溶岩浴の効果 > 溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい

溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい

スポンサードリンク

溶岩浴の効果を高めるためにシャワーは浴びないほうがいいといわれています。
溶岩浴後は多量の汗をかくため、シャワーが必要だと思いがちですが、
実はシャワーは浴びない方が効果的なのです。

なぜ、溶岩浴後のシャワーは浴びない方がいいのか解説します。
汗は、大きく分けて2種類のタイプがあると言われています。
ひとつが「エクリン腺」という汗腺から出る汗です。
エクリン腺はほぼ全身にあり、そこからでる汗の主成分は、99%以上が水です。

もうひとつは「アポクリン腺」といって脇の下などにある汗腺からでる汗で、
水以外にもたんぱく質や脂質などを含んでいるので、体臭の原因になることもあります。
エクリン腺は爪の下や唇以外の、体のほとんどの部分に分布しています。
皮膚の表面から1〜3ミリの所、真皮層から皮下組織の上部にかけて存在していて、かなり小さく肉眼ではほとんどみえません。

しかし、すべてのエクリン腺が汗を出すわけではなく、実際に活動しているのは半分程度です。
この活動しているエクリン腺の量が、汗の量を左右し、体温調節のために働いています。
エクリン腺の汗には、水のほか、ごく少量のナトリウムや塩素、カリウム、カルシウム、重炭酸イオン、尿素、アンモニアなどが含まれています。

エクリン腺の汗は、体温が上昇したときに血液からミネラル分と水分が汗腺に取りこまれ、
皮膚表面からでる仕組みになっています。
通常であれば、ミネラル分は再び血液に吸収され、水分だけが出てきますので、ベタつきやニオイはありません。

溶岩浴は、遠赤外線の効果により体内から温められるので、じっくりと汗をかきます。
その汗は汗腺が十分機能しているため、99%の水分で、とてもサラサラしています。
ですから、入浴後シャワーを浴びなくても、不快感はありません。
従来のサウナは、急激な温めにより汗腺の機能が追いつかず、水分以外のミネラルが含まれるので、
非常にネバネバした汗になるわけです。

【PR】 相互リンク集

「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」のコメントについて

「溶岩浴と岩盤浴溶岩浴と富士山溶岩浴の効果溶岩浴とダイエット溶岩浴の効用溶岩浴のおすすめ女性専用溶岩浴のおすすめ東京溶岩浴のおすすめ横浜溶岩浴のおすすめ神奈川溶岩浴のおすすめ大阪溶岩浴のおすすめ名古屋リンクについてリンク集リンク集1」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」情報をお願いします。

「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「溶岩浴の効果:シャワーは浴びない方がいい」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「溶岩浴@info〜溶岩浴情報サイト〜」に関連するサイトでしたらOKです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)